台湾 航空券

台湾までの飛行機代

台湾までの飛行機であるが、当然LCC(格安航空会社)を選ぶ。というか、LCCがなかったら、台湾旅行の計画は無かったかもしれない。これは韓国旅行もそうだ。LCCの登場は海外旅行が趣味の人間には本当にありがたかった。

 

それで、関空からだとジェットスターとピーチというLCCがある。韓国旅行や沖縄旅行ではピーチを利用したし、今回もピーチにしようかと思ったが、出発時間が早かったので(7:50発)、ちょっと嫌だった。一方ジェットスターはちょうどいいぐらい(11:30発)だったので、今回初めてジェットスターを利用することにした。
なお、料金はジェットスターもピーチも同レベルだった。

 

料金は往復で33,290円だった(全て込み)。

 

飛行機の2/26に予約した。フライトの5日前だが、実はこれはあまり良くない。
1ヶ月前ぐらいに予約すると2万円を割る料金になるが、5日前だとあまり安くない。しかし、台湾旅行はぎりぎりのタイミングで決めたので仕方なかった。
なお、3日前ぐらいだともう満席になっている場合が多い。

 

しかし、既存航空会社の料金に比べたら安い。
調べたらJALだと同日程で80,670円だった。これに比べたら半額以下だし、十分安い。だから満足することにした。

 

なお、ジェットスターとピーチの比較だが、ジェットスターの料金は燃料サーチャージが含まれてないのでピーチより安く見えるが実は同程度の料金である。
また、ジェットスターはオプションが多くて面倒臭い(もちろん俺はノーオプション)。
さらに、ジェットスターは日系の会社ではないので添乗員は外国人が多いがピーチはほぼ日本人である。アナウンスもジェットスターは日本語が後回し。
ジェットスターは関空第一ターミナルだが、ピーチは少し離れた第二ターミナルである。
座席が狭いのは同じ…。